本文へ移動
社会福祉法人 たかしま会
〒520-1812
滋賀県高島市マキノ町西浜1415
TEL.0740-28-1138
FAX.0740-20-5554
0
0
7
0
0
7

新着情報

藤の樹工房通信

藤の樹工房通信R3.6月号発行

藤の樹工房ブログ

サツマイモの定植をしました。

2021-05-26
 5月20日(木)、マキノ民生委員児童委員協議会障がい者福祉部会の方々、委託契約をしている農業指導員の曽根さんにお手伝いをいただき、サツマイモの定植を行いました。今年は梅雨入りが早く、毎日天気図と相談しながらの日程調整でしたが、前日の午後からこの日の午前中だけは雨は降らないという確信の下、およそ1時間で400本の苗を植えることが出来ました。何よりも驚いたのが今年米寿(88歳)をお迎えになられた曽根さんの手際の良さで、作業の合間には農作業に関する様々なお話をしていただき、利用者さんも興味津々で耳を傾けている様子がありました。
 秋の収穫に向けて、今後は畑の除草などをしつつ生育を見守っていきたいと思います。

赤カブの味噌汁

2021-02-17

 赤カブと言うと、大体の方はお漬物を連想されるようですが、私どもの事業所で作っている「紅てまり」という品種には赤カブ独特の苦みがなく、白カブとか大根の感覚で食べることが出来ます。試しに購入して味噌汁に入れてみたところ、柔らかい食感が抜群で、大変おいしかったです。他にも天ぷらやきんぴら等、調べたら様々な調理方法が出てきましたが、シンプルに生でかじったりサラダに添えたりするのもおいしいようです。

 皆様もぜひお試しください。

大掃除+忘年会

2021-01-07
第2弾!スタンプラリー
めざせホールインワン~ゴルフの間~
スタンプを集めましょう
紳士の社交場~射的の間~
何ができるかな~ビーズの間~
12月28日(月)今年最後の開所日は朝から館内の大掃除をしました。毎日の清掃活動ではしきれない棚の上やエアコンのフィルター、床のワックスがけや窓ふきなど、利用者さんと職員が一緒になっての大掃除でした。
 午後からは例年ですとボランティアさんの演芸などを楽しむ忘年会ですが、今年は新型コロナウイルス感染に配慮して10月に実施して好評だった「スタンプラリー」をしました。今回は「アイロンビーズ」「塗り絵」「射的」「魚釣りゲーム」「グランドゴルフ」を用意しましたが、利用者のみなさんはめいめいに好きなところから各コーナーを回り、楽しんでおられました。
 コロナ下における行事の楽しみ方として、出来ることは限られていますが、今後もいろいろな工夫をして楽しんでいきたいと思います。

椎茸を収穫しました。

2020-12-15
~里山に秋の恵み~

 平成19年の藤の樹工房開所から取り組んでいる事業に「シイタケの栽培」があります。今年も収穫の季節を迎えました。自然栽培に近い形の原木椎茸は肉厚で味も良く、購入された方からは大変好評をいただいております。事業規模が小さく量産できないのが悩みの種ですが、毎年購入していただく根強いファンの方の期待に応えるためにも継続していきたいものです。

玉ねぎの収穫をしました。

2020-11-30
~マキノ民生委員・児童委員のみなさんと一緒に~

 11月19日(木)、マキノ町民生委員の皆さんにご協力をいただき、事業所の職員、利用者全員参加のもとで玉ねぎの定植をしました。例年ですとこの時期は小雨が降ったりやんだりする、いわゆる「高島時雨」の季節なのですが、数日間晴天の日が続いており、絶好の畑仕事日和となりました。

 汗ばむほどの陽気の下で利用者と民生委員のみなさんとのふれあいの中で心地よい充実した半日を過ごすことができました。来春の収穫が今から楽しみです♪

藤の樹工房通信

藤の樹工房通信R3.5月号発行

藤の樹工房通信R3.4月号発行

(2021-04-22 ・ 457KB)

藤の樹工房通信R3.3月号発行

藤の樹工房通信R3.2月号発行

(2021-02-05 ・ 408KB)

藤の樹工房通信R3.1月号発行

(2021-01-07 ・ 626KB)

藤の樹工房通信R2.12月号発行

(2020-12-03 ・ 701KB)

藤の樹工房通信R2.11月号発行

(2020-11-05 ・ 475KB)

藤の樹工房通信R2.10月号発行

(2020-10-05 ・ 643KB)

藤の樹工房通信R2.9月号発行

(2020-09-08 ・ 346KB)

藤の樹工房通信R2.8月号発行

(2020-09-08 ・ 412KB)

藤の樹工房通信R2.7月号発行

(2020-09-08 ・ 606KB)

藤の樹工房通信R2.6月号発行

藤の樹工房新聞R2.6月号

(2020-06-08 ・ 402KB)

藤の樹工房通信R2.5月号発行

藤の樹工房新聞R2.5月号

(2020-04-03 ・ 515KB)

藤の樹工房通信R2.4月号発行

藤の樹工房新聞R2.4月号

(2020-04-03 ・ 498KB)

藤の樹工房通信R2.3月号発行

藤の樹工房通信R2.3月号

(2020-03-10 ・ 487KB)

藤の樹工房通信R2.2月号発行

藤の樹工房通信R2.2月号

(2020-02-13 ・ 689KB)

藤の樹工房通信R2.1月号発行

藤の樹工房通信R2.1月号

(2020-01-10 ・ 477KB)

藤の樹工房通信R1.6月号発行

藤の樹工房通信R1.6月号

(2019-06-19 ・ 607KB)

藤の樹工房通信R1.5月号発行

藤の樹工房R1.5月号

(2019-05-24 ・ 364KB)

藤の樹工房通信H31.4月号発行

藤の樹工房通信H31.3月号

藤の樹工房通信H31.2月号発行

藤の樹工房通信H31.1月号発行

藤の樹工房通信H30.12月号発行

藤の樹工房通信H30.11月号発行

藤の樹工房通信H30.10月号発行

藤の樹工房通信H30.9月号発行

藤の樹工房通信H30.8月号発行

藤の樹工房通信H30.7月号発行

藤の樹工房通信H30.6月号発行

藤の樹工房通信H30.5月号発行

藤の樹工房通信H30.4月号発行

藤の樹工房通信H30.3月号発行

藤の樹工房通信H.30.2月号発行

藤の樹工房通信H30.1月号発行

藤の樹工房通信H29.12月号発行

藤の樹工房通信H29.11月号発行

藤の樹工房通信H29.10月号発行

藤の樹工房通信10月号

(2017-10-06 ・ 245KB)

藤の樹工房H29.9月号発行

藤の樹工房通信9月号

(2017-09-14 ・ 300KB)

藤の樹工房通信H29.8月号発行

藤の樹工房通信H29.7月号発行

藤の樹工房通信H29.6月号

藤の樹工房通信H29.5月号発行

藤の樹工房通信7月号発行しました。

藤の樹工房通信

車の下部洗浄オープンしました。

 平成27年8月から行っている車のコーティング作業も現在好評で承っております。また、今回新たな取り組みとして車の車体裏を洗う下部洗浄を始めました。冬場には気温が3℃以下になると凍結予防の為、塩化カルシウムや塩等を公道に撒くことがあります。その後を車が走ることで撒かれたものが車体の裏やタイヤハウスに付着し、サビや腐食の原因となります。そこで、定期的に洗い流すことによって愛車を塩害から守ることができます。
 この度工房の下部洗浄はお湯を使っての作業で、装置の入りにくいタイヤハウスやステップについては人力でしっかりと洗い流します。どのように施工するかは動画をアップしていますのでご確認下さい。システムについては左記の写真の通りですので、詳しくはお気軽にお問い合わせください。
 
 =TEL:0740-28-1822   担当:池田まで=

下部洗浄の施工

下部洗浄施工1

 配管の噴射ノズルを使って車体の裏を洗浄中。

下部洗浄施工2

 配管の噴射ノズルで洗えない部分をホースリールで洗い流します。

藤の樹工房ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

シイタケの収穫

2015-03-16

3月も半ばを過ぎ、ここ高島の地にもようやく春らしい日が続くようになりました。

 

春は草木も芽吹くよい季節ですね♪

 

当事業所のシイタケ小屋でも今シーズン初のシイタケの収穫がありました。主にふた冬前に植菌した、一番新しい原木からはところせましとシイタケが顔をのぞかせています。

 

原木シイタケの特徴は以前も書いたと思いますが、非常に肉厚なこと。スーパーで売られている菌生のシイタケとは見た目だけでも一目瞭然です。また下の写真のように表面にヒビ状の模様が付いているものは「どんこ」と呼ばれて高級食材としても用いられる逸品です。寒暖差の激しいところで育つとこのような模様ができるといわれています。

 

今日の収穫は約10キロほどでした。たくさんのお客様に買っていただけることを期待します♪

日本財団より福祉車両の助成を受けました。

2015-03-11

3月10日(火)、日本財団より福祉車両の助成を受けました。

 

畑作業やシイタケ作業など軽トラックを使用する機会は一年を通じてありますのでとても助かります。

 

この日はあいにくの雪日和でしたが、新しい車を見て利用者・職員ともどもに晴れやかな気分になりました。

がんばる女の手しごとマルシェに参加します。

2015-02-25
3月22日(日)高島市今津町にある「働く女性の家」で「がんばる女の手しごとマルシェというイベントに参加します。内容は当事業所のヨモギ風呂の素「藤美人の湯」を使った足湯とマッサージを組み合わせて100円というもので、私どものほかにも癒しの雑貨や占い、健康食品などのブースがあり、合計47の団体が参加されます。年々規模が大きくなっているようで、参加するほうも楽しみなイベントなので皆様ぜひご家族連れでお越しください♪

雪の朝。

2015-02-13

滋賀県高島市北部のマキノ町にある藤の樹工房は毎年冬場はこのような景色の中で過ごしております。

今朝も起きたら15センチほどの積雪があり、あわてて↑の状態から送迎車を掘りだしました。朝から大仕事でくたくたであります(笑)

積雪によって国道や県道の道路幅も狭くなっているところがあったりするので、運転には十分に注意したいところです。

椎茸

2015-01-27

藤の樹工房ではシイタケ栽培も行っています。うまくすると上の写真のような肉厚の原木シイタケが収穫できます。

 

スーパーで売っているシイタケのほとんどは「菌生」という製法で作られています。菌の苗床からシイタケを発生させる方法で、四季を通じて比較的短期間で収穫できることで販売価格を安く抑えられるのが特徴といえます。

 

それに対しまして「原木」シイタケはその名の通り原木に菌を植えこんで環境を整えて木の中に菌を繁殖させ、発生したものを収穫します。菌の種類にもよりますが、菌を打ってからふた冬越さないとシイタケは出ないといわれています。菌生シイタケに比べると肉厚で、とても食べ応えのある食感が楽しめます。原木シイタケを栽培しておられる農家の方はハウスの中で湿度と気温を管理し、通年販売できるようにしておられますが、当事業所の場合は自然発生に近い形で栽培しておりますので収穫の時期は12月から3月ごろまでになります。

 

誰かが言っていましたが、お鍋のおいしい季節に収穫できるようになっているのでしょうか(笑)。

 

どこまで大きく育つか、楽しみです♪

TOPへ戻る