新着情報

 
フォーム
 
近江八幡「きてかーな」へ出かけてきました。
2018-03-13

 3月8日(木)近江八幡市の農業直売所「きてかーな」に買い物ツアーに出かけてきました。前々日まで好天続きだったのですが前日ぐらいから雲行きが怪しくなり、朝には泣き出しそうな空模様になっていました。しかしながら皆さんの日ごろの心がけの賜物か、ぱらぱらと時々雨粒が落ちる天気ではあったものの傘をさすほどの雨にあたることのない一日となりました。

 さて、「きてかーな」ですが、JA直営ということもあり季節の野菜やお肉、加工品が手ごろな価格で販売されており、平日の朝にもかかわらず駐車場がほぼ満車という盛況ぶりでした。買い物をしている途中でも入荷したての大根がリアルタイムで陳列されていくなど活気のある様子が見られました。

 近江八幡市は高島からは琵琶湖を挟んでちょうど真横にあたり、一日のお出かけにはちょっと長距離のドライブですが、途中で道の駅に寄っておやつを食べたりしながらのんびりとした一日を過ごすことが出来ました。

 
節分・豆まきをしました
2018-02-06
2月2日(金)節分の一日前でしたが豆まきをしました。まず折り紙で豆を入れる枡を作り、配られた豆を職員が扮する鬼に向かって投げました。皆童心に帰って大喜びでした。その後各家庭での節分の風習(恵方巻を食べる、豆は年の数だと多すぎるので十分の一に減らして食べる等)を語り合いました。鰯の頭とヒイラギを玄関先に飾ることは今はしていないけれど昔はあちこちでしていた、など語ってくださる方もあり、楽しいひと時を過ごすことができました。
 
初詣にいきました。
2018-01-12

 1月10日、初詣に出かけました。数日前から日本海側で大雪になるという天気予報に実施が危ぶまれていたのですが、朝になると雲一つない快晴でした。朝一度アンフィニに集まってもらった利用者さんに、まずは日本全国の有名な神社の名前を挙げていく簡単なゲームをしてもらいました。明治神宮や豊川稲荷、伊勢神宮といった全国的に有名な神社だけでなくご当地滋賀県の近江神宮や多賀大社まで様々な名前が出てきました。

 次に神社参拝の作法について勉強したのですが、これは年配の利用者さんのほうがよく知っておられ、下調べをした職員のほうが勉強になる始末でした。。。

 その後アンフィニを出発。レストラン湖西路にて昼食を摂った後、湖上にそびえる大鳥居で有名な白髭神社を参拝しました。紫式部の歌碑などを見学し、絵馬の奉納をした後今度は国道161号線を北上し、海津天神社を参拝しました。ちょうど神主による神事が執り行われるところだったため許可を得て外から見学させてもらい、貴重な体験をすることができました。

 日本には八百万の神様が住む、といわれます。あらゆる自然に土着的に宿る神様だけではなく海を隔てて入ってきたキリスト教や道教、仏教といったあまたある宗教をも受け入れて融合し神格化してきた日本の歴史を年頭にあたって確認した一日でした。

 
年賀状作りをしました
2017-12-22
 12月15日(金)毎年恒例の年賀状作りをしました。講師には毎年お世話になっている中川先生に来ていただき、多数の利用者でにぎわいました。めいめいが自分でデザインを考えて年賀はがきに色紙を貼ったりスタンプを押したり、先生のアドバイスを受けながら完成させました。
 近年は年賀状を出す人が減ってきており、パソコンで印刷されただけの年賀状で済ませてしまうことも増えました。そんな時代だからこそ1枚1枚手作りのものを受け取った時のうれしい気持ちは日本人として忘れてはいけない気持ち・心のよりどころであるように感じます。
 いよいよ年の瀬が迫ってまいりました。皆様健康で新年をお迎えなさいますよう、ご自愛くださいませ♪
 
柿買い物ツアーに出かけました。
2017-11-28

 11月25日(土)毎年恒例の富有柿(ふゆがき)買い物ツアーに今津町・深清水へ出かけてきました。深清水は柿の名産地として知られ、例年直径10センチを超える大きさの甘くて大きい柿を出荷しておられます。今年は台風21号の暴風や雹によってかなりの被害が出たとのことでしたが、それでも普通の家ではまず取れないサイズの柿が店頭に山のように積まれていました。利用者の皆さんはそれぞれ家族で食べる分、遠方の知人に発送する分、自分で食べる分など目的に応じて沢山購入しておられました。

 季節の風物詩でもある柿の出荷が終わるといよいよ寒い冬がもうすぐそこまで近づいてきます。今日は秋晴れの良い日に恵まれ、利用者の皆さんも大満足の一日でした。

1
<<社会福祉法人 たかしま会>> 〒520-1812 滋賀県高島市マキノ町西浜1415 TEL:0740-28-1138 FAX:0740-20-5554