新着情報

 

新着情報

新着情報
フォーム
 
避難訓練
2019-06-01
 5月20日(月)19時より、藤波園・藤美寮にて合同の避難訓練を実施しました。
 今回は、夜間の火災発生を想定した避難訓練と職員の集合訓練を行ないました。職員の多い日中の時間帯とは異なり、職員が少ない中での訓練です。
 想定火元は、隣りの藤美寮の居室。職員による通報と初期消火対応の後、入所者の皆さんを迅速かつ安全に避難誘導し、取り残された人がいないかチェックしていきました。今回の訓練は、屋外ではなく食堂へ集合しました。
 訓練を繰り返し経験する事で、災害対応のノウハウや平時から問題意識を共有する事で、緊急時にも焦らず落ち着いた対応が可能になります。今回の防災訓練を通して、安全に避難するには、日頃から防災に対しての意識を高く持つことが大切だと改めて感じました。
 参加して頂いた皆さま、協力していただき本当にありがとうございました。
 
レントゲン車がやってきた。
2019-05-31
 5月21日(火)に利用者の健康検査を行ないました。一昨年までは、全利用者を数人ずつ分けて病院で検査を受けていましたが、利用者の皆さんに負担もかかっていたので昨年度から検診車を利用しています。当日は、天候にも恵まれ玄関前でレントゲン、そして、医務室や静養室等で採血や心電図等を受けました。慣れた場所での検査であり、スムーズに2時間ほどで検査が終了しました。
 
社会福祉法人たかしま会設立50周年 新緑ドライブ・食事会
2019-05-31
 5月14日(火)、安曇川町にある寿光苑にて「社会福祉法人たかしま会設立50周年にちなんで新緑ドライブ・食事会」を開催しました。利用者の方は、数日前から選んだ服を着て心待ちにしていた食事会に参加されました。
 園長の挨拶が終わると会食の始まりです。ちらし寿司やお刺身に天ぷら等の豪華な料理に舌鼓みを打ちながら、会話を楽しまれていました。
 会場には、利用者の方が作られた藤の花をあしらった写真を展示しました。園内での行事やレクリエーションなどの写真が掲示されており、思い出を話しながら、ご自分の写った写真を食い入るように眺められていました。これからも、たくさんの楽しい思い出の写真を飾っていきたいと思います。
 
花見の宴
2019-04-19
 4月10日(水)、藤波園と藤美寮が合同で「花見の宴」を開催しました。この行事は、毎年桜が満開となる時期にしています。本来なら青空の下満開の桜を見ながらの会食が理想ですが、この時期は、風も冷たく肌寒い日が多いので食堂を会場にしています。
 先ず、園長から開会の挨拶が終わると利用者の皆さんが楽しみにしている会食の始まりです。筍など旬の食材が使われたお弁当は、春の到来を感じられたようで楽しそうな会話が聞こえました。デザートは、調理員手作りのムースケーキでした。柔らかくさっぱりとしていて大変好評でした。
 その後、地元「湖島会(こじまかい)」の皆さんによる日舞を鑑賞しました。しなやかな舞や男らしい力強い踊りを、利用者の皆さんは熱心に鑑賞していました。踊りによっては、一緒に桜の花などを振るなど楽しいひと時を過ごしました。
 湖島会の皆様、ありがとうございました。
 
豆まきを行ないました。
2019-02-27
 2月3日(日)節分の日、豆まきを行いました。赤鬼と青鬼が登場すると、利用者の方は、毎年、当たるとかわいそうと言う理由で、優しく豆を撒いて、無病息災を祈りました。
 今年は雪が少なく暖冬で、インフルエンザも現在、罹患者はありません。油断はせずに、皆様元気で春を迎えられるように、利用者の方の体調管理に留意していきます。
 
面会について
2019-01-11
 1月11日現在、高島市内でもインフルエンザが流行し、市内の学校で学級閉鎖も出てきました。藤波園でも館内インフルエンザ流行防止の為、1月より当面、面会は面会室ならびに静養室でお願いしております。
 利用者の皆様の罹患防止の為ですので、ご協力の程よろしくお願いします。
   
藤波園・藤美寮合同クリスマス会を行いました。
2019-01-11

 1220日(木)、藤波園・藤美寮合同クリスマス会を開催しました。クリスマス会の飾りは利用者の皆さんと一緒に作り飾り付けを行い、クリスマスを盛り上げる華やかな会場となりました。

 当日は、食事会から始まり、クリスマスらしいローストビーフやサンドウィッチ、エビフライ等、ご馳走を皆さんでいただきました。午後からは、藤波園と藤美寮の利用者が練習してきた曲(ビリーブ、しあわせなら手をたたこう、あわてんぼうのサンタクロース、きよしこの夜、ジングルベル)を歌い、練習の成果が出て、会場内が一体となり、素晴らしいハーモニーが響きました。利用者の方は、「ええ歌や。ええ歌や。」と口々に言っておられました。合唱の後は、職員によるギターの生演奏と、寸劇「赤ずきん」が行われ、オオカミよりも大きい赤ずきんが登場し、会場を沸かせました。最後にサンタクロースが登場し、利用者の方一人一人にプレゼントを渡し、利用者の方は「今年は何や。楽しみやなあ。」と、うれしそうに袋の中を見て喜んでおられました。

 
マキノ生涯学習フェスティバルの見学に出掛けました。
2018-12-26

  113日(土)の文化の日、マキノ生涯学習フェスティバルの見学に出掛けました。日々の書道クラブで腕を振るった作品や、レクリエーションで行っている絵画などを出品しました。会場で自分の作品を見つけると、「私の作品やぁ。」嬉しそうに指をさしたり、施設の他の利用者の作品にも目を向けておられました。

 ステージではフラダンスや大正琴など、市内で活動されているクラブ活動の発表もあり、藤波園にボランティアで来て下さっているクラブの方の出演も見ることが出来ました。

 当日は多くのすばらしい作品を見ることができ、今後の糧となる文化の日となりました。

 
日帰り旅行へ行ってきました。
2018-12-26
 11月1日(木)に、毎年恒例の日帰り旅行に行きました。今年は越前市武生中央公園で行われた「たけふ菊人形」とOSK日本歌劇団による第39回たけふレビュー「ガーシュウィンナイト」を観劇しました。昼食は、武生インターすぐの和食レストラン「瀧雅」でお刺身や天ぷら、茶わん蒸しなどの豪華なメニューを美味しくいただきました。利用者様の中には「ビールをちょっと一杯。」と言う方もおられました。
菊人形の会場では、それは見事に黄、白、紫など色とりどりの菊が咲き誇り、菊人形を作る過程も見学する事が出来ました。続いてはOSKの観劇です。歌劇団と言えば宝塚と松竹、そしてOSK日本歌劇団が日本3大歌劇団と呼ばれています。歌と踊りの迫力ある舞台劇を真近で観られ、大満足の観劇でした。施設に帰って来ても利用者の皆さんは、「よかったわ。また見たい。」と口々におっしゃっておられました。
当日は天候にも恵まれ、行楽日和で良い旅行となりました。今後も利用者の皆さんの満足して頂けるような旅行が出来る様に、企画していきたいと思います。
1
<<社会福祉法人 たかしま会>> 〒520-1812 滋賀県高島市マキノ町西浜1415 TEL:0740-28-1138 FAX:0740-20-5554