新着情報

 

藤の樹工房通信

藤の樹工房通信
 
藤の樹工房通信H29.10月号発行
藤の樹工房通信10月号 ( 2017-10-06 ・ 245KB )
 
藤の樹工房H29.9月号発行
藤の樹工房通信9月号 ( 2017-09-14 ・ 300KB )
 
藤の樹工房通信H29.8月号発行
藤の樹工房通信8月号 ( 324KB )
 
藤の樹工房通信H29.7月号発行
藤の樹工房通信7月号 ( 271KB )
 
藤の樹工房通信H29.6月号
藤の樹工房通信6月号 ( 263KB )
 
藤の樹工房通信H29.5月号発行
藤の樹工房通信5月号 ( 259KB )
 
藤の樹工房通信7月号発行しました。
藤の樹工房通信7月号 ( 352KB )
 
藤の樹工房通信
藤の樹工房通信6月号 ( 273KB )
 

藤の樹工房ブログ

藤の樹工房ブログ
フォーム
 
商品を発送するときに考えること。
2015-01-20
おかげさまで当事業所の自主製品である「藤美人の湯」が、このホームページ以外では特に宣伝をしていないにも関わらずよく売れています。
 

「通信販売は取り扱っていないのか?」というお声もよくいただくようになり、当ホームページにも注文フォームを設けたところ全国各地からメールが届くようになりました。自分たちの作ったものが日本全国で使っていただいているのだと思うとうれしくなります。

 

発送の際に気を付けているのはやはり「お客様に良い製品をお届けすること」です。製品自体は我々自信を持って作っておりますが、せっかくお金を出して買っていただいた方のために少しでも喜んでいただけるためのひと工夫を心がけています。

 

梱包するときに万が一にも製品にテープがくっついてしまわないように新聞広告を一枚敷くのですが、これは出来るだけ地方色の出ているものを使うようにしています。日本という国はせまいようで広いです。滋賀県がどこにあるのか、今いちあやふやな方もお客様にはおられます。「こんなところがあるのだな」とお客様の食卓の話題の一つも提供できればと考えてのことで深い意味はないのですが、毎回楽しみにしていただいている方もあり、喜んでいただいているようです。

 

また梱包する箱につきましても当事業所の名前が印刷された箱を使うこともできるのですが、そうするとどうしても印刷代・箱代を製品価格に上乗せしなくてはならなくなります。そのため受注作業を会社から頂く際に出来る空き箱を再利用しています。もちろんお客様のところに「○○工業 ネジ5,000個」などと書かれた箱が届いてしまうとかなり驚かれてしまいますのでその部分には紙を貼っています。その紙も以前使っていた製品のラベルを再利用しています。発送する荷物は近所のファミリーマートへ持って行くのですが、おかげさまでお店の方ともすっかりお馴染みとなってしまい、仕事帰りに寄っても「今日は荷物はないんですか?」と訊かれるようになりました。

 

日々の発送業務の中、こんなことを考えています。これからもどうぞ「藤美人の湯」をご愛顧くださいますよう、よろしくお願いいたします。

 

 
冬のメタセコイア並木
2015-01-08
当事業所の近くには「日本の並木百選」にも選ばれたメタセコイア並木があります。全長約2.7キロメートルの直線道路の両脇に植えられたメタセコイアの樹は四季に合わせていろいろな表情を見せてくれますが、冬の朝、雪が枝についたこの時期を好まれる方も大勢おられます。この並木のちょうど中ほどには農業観光施設「マキノピックランド」があり、季節の野菜や地域の特産品が販売されているだけでなくブルーベリーや栗など季節の果物の収穫が楽しめます。当事業所の「藤美人の湯」も人気商品になっているようです。
 
新年明けましておめでとうございます。
2015-01-05

おもいがけず大雪に見舞われた新年の幕開けとなりましたが、1月5日(月)より1月の事業がスタートとなりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

駐車場も今はすっかり除雪が済んで送迎車の出入りも自由にできていますが、1月3日に様子を見に来た時は車の形をした雪の塊がぼこぼこと置いてあるような感じで、手作業とトラクターによる除雪で約2時間かけて写真の状態まで復旧しました。まだまだ道路脇には雪が積まれている状態ですので送迎車の運転にもしばらくは注意が必要です。

 

どなた様も安全運転で、新年から交通事故などおこさないようにしましょう♪

 
雪模様。
2014-12-17
本日玉ねぎの追肥および大根の収穫をして今年の畑作業は終了です。畑には山のほうから強い北風が吹いてきてとても寒かったです。すっかり雪景色の山の向こうは福井県敦賀市になります。この辺りは雪は珍しくもなんともないところなのですが平地にはあまり降らないでほしい、というのが正直なところです。
 
雪にも負けず・・・。
2014-12-09

年によっては秋晴れの下で開催されることもある「マキノピックランド・サンクスフェスタ」ですが、今年はあいにく前日より雪。。。毎年参加させてもらっていますがこんなことは初めてです。

 

とにもかくにも焼き芋の販売を始めたのですが、やはりお天気が悪いと客足も伸びず、いい具合に焼きあがっても肝心のお客さんがいない、という時間が結構ありました。それでも中には「焼き芋」の看板を見つけて「3本ください!」と来られる方もあり、売れ行きはそこそこでした。

 

お隣の屋台では販売目的で仕込んで来られたのでしょうが、大根の炊いたものをお客さんに無料で振る舞っておられました。

 

私もお昼にいただきました♪曽根商店様、ありがとうございます。

 

イベントの最後には餅つきがあり、お雑煮ときなこ餅の振る舞いがありましたのでいただきました♪

 

寒い日ではありましたが、ぬくもりの感じられる一日でもありました。また来年も呼んでいただきたいものです。

 

 
畑の大根。。。
2014-12-05

これは何かというと見ての通りの大根なのですが、土がよく練れていないところで育てるとまっすぐに伸びず、ちょっと宇宙人テイストなこんな形の大根ができてしまいます。

もっともお味のほうは通常のものと変わらないので、こういう変わった大根が採れた時は、物販イベントに持って行って店頭販売します。形が変わっているのでお客さんの目を引きやすく、特に子供さんには大受けです。

あさっては今年最後の物販イベント「マキノサンクスフェスタ」があります。ステージイベントやリンゴの皮むき競争など大人も子供も楽しめるイベントですのでお近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

雪が心配なのですが・・・。

 
長浜まちの駅
2014-11-26
高島市のお隣り、長浜市にも当事業所の製品をおいていただいているお店があります。長浜観光の中心地ともいえる黒壁スクエアの中に居を構える、その名も「長浜まちの駅」さんです。湖北・湖西地域でとれた新鮮な野菜や地元の特産品を中心に様々な商品が並んでいますが、ここで「藤美人の湯」を買われてその後電話で事業所にお問い合わせをいただくことが年々増えています。保温と保湿効果の高いヨモギを使った藤美人の湯は乾燥肌、冷え性の方には特におススメの商品です。当サイトのメールフォームからもご注文を賜りますのでお気軽にお問い合わせください。
 
マキノピックランド・サンクスフェスタ
2014-11-25
毎年12月の上旬にマキノピックランドでは「サンクスフェスタ」というイベントが開催されます。一年間来ていただいたお客様にありがとう、という意味を込めてのイベントで、メタセコイア並木が紅葉から洛陽へと向かうきれいな景色が楽しめるイベントとして京阪神から多くの観光客が訪れます。露店の出店だけでなくステージイベントや餅つきのふるまいなど、家族みんなで楽しめるイベントですので、皆さんお誘い合わせのうえ是非おこしください。ちなみに当藤の樹工房は「焼き芋」の屋台を出す予定です。
 
玉ねぎの植え付け作業。
2014-11-17
これは何をしているところかといいますと、玉ねぎの苗を植えているところです。機械に2人が乗って、回転してくるカップの中に苗を一本ずつ入れていくと機械の前進に合わせてがちゃんがちゃんと苗が地面に植えられていきます。多少の手直しは必要ですが、作業能率は手で植えるのと比べると格段の速さです。玉ねぎはこの後、雪の下でじっと春を待つことになります。今から雪解けを楽しみにするのは早すぎて鬼に笑われてしまいますね♪
 
はあとふるまつりは・・・。
2014-11-13
あいにくの雨で客足もいま一つでしたが一度に焼けない焼き芋屋さんにはこれが逆に好都合。ぱらぱらと買いに来られるお客さんに熱々のものを提供できました。場所取りのときに「炭火をおこすので換気の良い場所を」と強く主張したおかげで模擬店エリアの入口近くにお店を構えることができたのですが、某施設のT施設長より「入口にはきれいな娘さんを並べて客引きをするもんや」と温かい陰口を叩かれておりましたが、そんなことをいちいち気にしてはいけません。結果的にその方も3本の買い上げだったからよいのです。

おかげさまで用意してきた芋は閉店までにすべて売り尽くし、「後で買いに行こうと思ってたのに~」とよその模擬店の方から言われてしまいました。うれしい悲鳴です。

2
<<社会福祉法人 たかしま会>> 〒520-1812 滋賀県高島市マキノ町西浜1415 TEL:0740-28-1138 FAX:0740-20-5554