新着情報

 

藤の樹工房通信

藤の樹工房通信
 
藤の樹工房通信R2.7月号発行
藤の樹工房新聞R2.7月号 ( 2020-07-06 ・ 607KB )
 
藤の樹工房通信R2.6月号発行
藤の樹工房新聞R2.6月号 ( 2020-06-08 ・ 403KB )
 
藤の樹工房通信R2.5月号発行
藤の樹工房新聞R2.5月号 ( 2020-04-03 ・ 516KB )
 
藤の樹工房通信R2.4月号発行
藤の樹工房新聞R2.4月号 ( 2020-04-03 ・ 499KB )
 
藤の樹工房通信R2.3月号発行
藤の樹工房通信R2.3月号 ( 2020-03-10 ・ 487KB )
 
藤の樹工房通信R2.2月号発行
藤の樹工房通信R2.2月号 ( 2020-02-13 ・ 690KB )
 
藤の樹工房通信R2.1月号発行
藤の樹工房通信R2.1月号 ( 2020-01-10 ・ 478KB )
 
藤の樹工房通信R1.6月号発行
藤の樹工房通信R1.6月号 ( 2019-06-19 ・ 607KB )
 
藤の樹工房通信R1.5月号発行
藤の樹工房R1.5月号 ( 2019-05-24 ・ 364KB )
 
藤の樹工房通信H31.4月号発行
藤の樹工房通信H31.4月号 ( 282KB )
 
藤の樹工房通信H31.3月号
藤の樹工房通信H31.3月号 ( 282KB )
 
藤の樹工房通信H31.2月号発行
藤の樹工房通信H31.2月号 ( 266KB )
 

藤の樹工房ブログ

藤の樹工房ブログ
フォーム
 
カボチャ栽培、順調です。
2020-06-23
 今年も社会貢献の一環として耕作放棄地を借用し、カボチャの栽培をしています。今のところ生育状況は良好で、7月末ごろに見込まれる収穫が楽しみです♪
(写真は上から5月28日、6月16日、6月18日のものです)
 
 
 
コーティング事業より
2016-03-07
 寒さも少しは緩み、春の兆しが見えてきました。もうすぐタイヤ交換の時期となりますが、工房では以前紹介しましたコーティング事業も順調に進んでおり、利用者と共に頑張って取り組んでいます。
 最近の出来事としては冬場、融雪の水で黄ばんだホイールの汚れを綺麗にすることで、とてもお客様に喜んでいただいています。     
(写真左半分施工後、右半分施工前)
=お問合わせは    0740-28-1822    担当:池田まで=
 
春の畑
2015-03-26

♪どんなに小さな蕾でも 凍える冬を越えればほら

 

春が来るたびに華やかな花が咲くのだから

 

という歌がありますが、春はいろいろな生命の芽吹く季節です。この前まで時々雪交じりの雨の降るこのマキノの地ですが、ようやく春を感じさせる日々が続くようになってきました。

 

福井県敦賀市との境である赤坂山連峰にはまだまだ雪が積もっている様子が畑からもうかがえます。その畑では今、昨年秋に植えた玉ねぎが大きくなろうとしています。6月の収穫までにどこまで大きくなってくれるか楽しみです。

 
手しごとマルシェに参加しました。
2015-03-24

3月22日、快晴の日曜日に今津町「働く女性の家」にて開催された、手しごとマルシェに参加してきました。

 

今回は毎度依頼される足湯体験に加えて季節モノであるシイタケと農家さんから委託されたキクラゲの販売、そして高齢者用の杖をたくさんいただきましたのでこちらも販売させていただきました。

 

評判がよかったのはキクラゲで、滋賀県産としては今回が初の販売ということもあってお客さんからは「道の駅でも常時売ってほしい」という声も聞かれました。

 

さて、売れればもうけもの、と思って持って行った杖ですが、特に他の出店者の方には好評で笑いの種となっていました。売りゆきはさっぱりでしたが。。。あと、足湯は疲れたスタッフさんが所望されることが多く、意外なほど好評でした。

 

春からは本格的なイベントシーズンの到来です。いろいろなイベントで地域の皆さんとお会いできることを楽しみにしています♪

 
シイタケの収穫
2015-03-16

3月も半ばを過ぎ、ここ高島の地にもようやく春らしい日が続くようになりました。

 

春は草木も芽吹くよい季節ですね♪

 

当事業所のシイタケ小屋でも今シーズン初のシイタケの収穫がありました。主にふた冬前に植菌した、一番新しい原木からはところせましとシイタケが顔をのぞかせています。

 

原木シイタケの特徴は以前も書いたと思いますが、非常に肉厚なこと。スーパーで売られている菌生のシイタケとは見た目だけでも一目瞭然です。また下の写真のように表面にヒビ状の模様が付いているものは「どんこ」と呼ばれて高級食材としても用いられる逸品です。寒暖差の激しいところで育つとこのような模様ができるといわれています。

 

今日の収穫は約10キロほどでした。たくさんのお客様に買っていただけることを期待します♪

 
日本財団より福祉車両の助成を受けました。
2015-03-11

3月10日(火)、日本財団より福祉車両の助成を受けました。

 

畑作業やシイタケ作業など軽トラックを使用する機会は一年を通じてありますのでとても助かります。

 

この日はあいにくの雪日和でしたが、新しい車を見て利用者・職員ともどもに晴れやかな気分になりました。

 
がんばる女の手しごとマルシェに参加します。
2015-02-25
3月22日(日)高島市今津町にある「働く女性の家」で「がんばる女の手しごとマルシェというイベントに参加します。内容は当事業所のヨモギ風呂の素「藤美人の湯」を使った足湯とマッサージを組み合わせて100円というもので、私どものほかにも癒しの雑貨や占い、健康食品などのブースがあり、合計47の団体が参加されます。年々規模が大きくなっているようで、参加するほうも楽しみなイベントなので皆様ぜひご家族連れでお越しください♪
 
雪の朝。
2015-02-13

滋賀県高島市北部のマキノ町にある藤の樹工房は毎年冬場はこのような景色の中で過ごしております。

今朝も起きたら15センチほどの積雪があり、あわてて↑の状態から送迎車を掘りだしました。朝から大仕事でくたくたであります(笑)

積雪によって国道や県道の道路幅も狭くなっているところがあったりするので、運転には十分に注意したいところです。

 
椎茸
2015-01-27

藤の樹工房ではシイタケ栽培も行っています。うまくすると上の写真のような肉厚の原木シイタケが収穫できます。

 

スーパーで売っているシイタケのほとんどは「菌生」という製法で作られています。菌の苗床からシイタケを発生させる方法で、四季を通じて比較的短期間で収穫できることで販売価格を安く抑えられるのが特徴といえます。

 

それに対しまして「原木」シイタケはその名の通り原木に菌を植えこんで環境を整えて木の中に菌を繁殖させ、発生したものを収穫します。菌の種類にもよりますが、菌を打ってからふた冬越さないとシイタケは出ないといわれています。菌生シイタケに比べると肉厚で、とても食べ応えのある食感が楽しめます。原木シイタケを栽培しておられる農家の方はハウスの中で湿度と気温を管理し、通年販売できるようにしておられますが、当事業所の場合は自然発生に近い形で栽培しておりますので収穫の時期は12月から3月ごろまでになります。

 

誰かが言っていましたが、お鍋のおいしい季節に収穫できるようになっているのでしょうか(笑)。

 

どこまで大きく育つか、楽しみです♪

 
商品を発送するときに考えること。
2015-01-20
おかげさまで当事業所の自主製品である「藤美人の湯」が、このホームページ以外では特に宣伝をしていないにも関わらずよく売れています。
 

「通信販売は取り扱っていないのか?」というお声もよくいただくようになり、当ホームページにも注文フォームを設けたところ全国各地からメールが届くようになりました。自分たちの作ったものが日本全国で使っていただいているのだと思うとうれしくなります。

 

発送の際に気を付けているのはやはり「お客様に良い製品をお届けすること」です。製品自体は我々自信を持って作っておりますが、せっかくお金を出して買っていただいた方のために少しでも喜んでいただけるためのひと工夫を心がけています。

 

梱包するときに万が一にも製品にテープがくっついてしまわないように新聞広告を一枚敷くのですが、これは出来るだけ地方色の出ているものを使うようにしています。日本という国はせまいようで広いです。滋賀県がどこにあるのか、今いちあやふやな方もお客様にはおられます。「こんなところがあるのだな」とお客様の食卓の話題の一つも提供できればと考えてのことで深い意味はないのですが、毎回楽しみにしていただいている方もあり、喜んでいただいているようです。

 

また梱包する箱につきましても当事業所の名前が印刷された箱を使うこともできるのですが、そうするとどうしても印刷代・箱代を製品価格に上乗せしなくてはならなくなります。そのため受注作業を会社から頂く際に出来る空き箱を再利用しています。もちろんお客様のところに「○○工業 ネジ5,000個」などと書かれた箱が届いてしまうとかなり驚かれてしまいますのでその部分には紙を貼っています。その紙も以前使っていた製品のラベルを再利用しています。発送する荷物は近所のファミリーマートへ持って行くのですが、おかげさまでお店の方ともすっかりお馴染みとなってしまい、仕事帰りに寄っても「今日は荷物はないんですか?」と訊かれるようになりました。

 

日々の発送業務の中、こんなことを考えています。これからもどうぞ「藤美人の湯」をご愛顧くださいますよう、よろしくお願いいたします。

 

1
 

お花見の会を実施しました。

お花見の会を実施しました。
 
藤の樹工房・花見の会を実施しました。
4月6日(月)満開の桜の下で「花見の会」をしました。例年ですと午後からの作業を止めて市内の桜見物に出かけるのですが、今年は新型コロナウイルスの影響を考えて食事会のみの実施としました。朝からは曇り空で今一つの天候だったのですが桜の下に食事の席をセッティングが出来た頃には温かい日差しが射すようになりました。しかしながらこの日は風が強く、お弁当の蓋が飛んでいく勢いでしたので利用者・職員の中からは「寒い」との声が続発。希望者のみ桜の下での会食としました。
まだまだ朝晩は冷え込む日もありますが、これからは新緑の若葉が景色に彩を与えてくれる季節の到来となります。四季の移ろいを心から楽しめるように、新型コロナウイルス騒動が一日も早く収束することを願うばかりです。
 

車の下部洗浄オープンしました。

車の下部洗浄オープンしました。
 
 平成27年8月から行っている車のコーティング作業も現在好評で承っております。また、今回新たな取り組みとして車の車体裏を洗う下部洗浄を始めました。冬場には気温が3℃以下になると凍結予防の為、塩化カルシウムや塩等を公道に撒くことがあります。その後を車が走ることで撒かれたものが車体の裏やタイヤハウスに付着し、サビや腐食の原因となります。そこで、定期的に洗い流すことによって愛車を塩害から守ることができます。
 この度工房の下部洗浄はお湯を使っての作業で、装置の入りにくいタイヤハウスやステップについては人力でしっかりと洗い流します。どのように施工するかは動画をアップしていますのでご確認下さい。システムについては左記の写真の通りですので、詳しくはお気軽にお問い合わせください。
 
 =TEL:0740-28-1822   担当:池田まで=
 

下部洗浄の施工

下部洗浄の施工
 
下部洗浄施工1
 配管の噴射ノズルを使って車体の裏を洗浄中。
 
下部洗浄施工2
 配管の噴射ノズルで洗えない部分をホースリールで洗い流します。
 

藤の樹工房通信

藤の樹工房通信
 
藤の樹工房通信H31.1月号発行
藤の樹工房通信H31.1月号 ( 341KB )
 
藤の樹工房通信H30.12月号発行
藤の樹工房通信H30.12月号 ( 214KB )
 
藤の樹工房通信H30.11月号発行
藤の樹工房通信H30.11月号 ( 384KB )
 
藤の樹工房通信H30.10月号発行
藤の樹工房通信H30.10月号 ( 255KB )
 
藤の樹工房通信H30.9月号発行
藤の樹工房通信H30.9月号 ( 248KB )
 
藤の樹工房通信H30.8月号発行
藤の樹工房通信H30.8月号 ( 230KB )
 
藤の樹工房通信H30.7月号発行
藤の樹工房通信H30.7月号 ( 253KB )
 
藤の樹工房通信H30.6月号発行
藤の樹工房通信H30.6月号 ( 316KB )
 
藤の樹工房通信H30.5月号発行
藤の樹工房通信H30.5月号 ( 265KB )
 
藤の樹工房通信H30.4月号発行
藤の樹工房通信H30.4月号 ( 165KB )
 
藤の樹工房通信H30.3月号発行
藤の樹工房通信H30.3月号 ( 222KB )
 
藤の樹工房通信H.30.2月号発行
藤の樹工房通信H.30.2月号 ( 263KB )
 
藤の樹工房通信H30.1月号発行
藤の樹工房通信1月号 ( 342KB )
 
藤の樹工房通信H29.12月号発行
藤の樹工房通信12月号 ( 225KB )
 
藤の樹工房通信H29.11月号発行
藤の樹工房通信11月号 ( 202KB )
 
藤の樹工房通信H29.10月号発行
藤の樹工房通信10月号 ( 2017-10-06 ・ 245KB )
 
藤の樹工房H29.9月号発行
藤の樹工房通信9月号 ( 2017-09-14 ・ 300KB )
 
藤の樹工房通信H29.8月号発行
藤の樹工房通信8月号 ( 324KB )
 
藤の樹工房通信H29.7月号発行
藤の樹工房通信7月号 ( 271KB )
 
藤の樹工房通信H29.6月号
藤の樹工房通信6月号 ( 263KB )
 
藤の樹工房通信H29.5月号発行
藤の樹工房通信5月号 ( 259KB )
 
藤の樹工房通信7月号発行しました。
藤の樹工房通信7月号 ( 352KB )
 
藤の樹工房通信
藤の樹工房通信6月号 ( 273KB )
 

藤の樹工房通信H31.1月号発行

藤の樹工房通信H31.1月号発行
<<社会福祉法人 たかしま会>> 〒520-1812 滋賀県高島市マキノ町西浜1415 TEL:0740-28-1138 FAX:0740-20-5554